TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

中古車ご購入の際のポイント〜【株式会社レイズ】〜にお任せ下さい


中古車をご購入するにあたって、格安でのご購入を希望されるかたも多くいらっしゃいます。
しかし、格安価格だけでお車をご購入されてしまうと
「安かろう悪かろう」という言葉がある通り 粗悪車を掴んでしまう心配もあります。

ある一線を越えた安さというのは非常に危険でただの粗悪車になりかねません。

修復歴のある車は避けましょう

修復歴の有無は過去にその車が走行に関わる部分、または骨格に関わる重要な部分
修理しているかどうかが基準となります。 バンパーのみの交換、ドアのみの交換、ボンネットのみの交換なら修復歴にはならないのです。
しかし、落石や落雪によりルーフパネルが凹んでしまい修理した場合には修復歴有になります。
また、リヤホイールハウス付近のクォーターパネルに錆が出やすい車があり、この錆を修理するには 切断して修理しなければなりませんので修復歴有になります。

現在販売されているセダン、ハッチバックなどの乗用車、ミニバン、SUV(ラダーフレームを除く)のほとんどの フレーム構造にモノコックフレームが採用されています。 モノコックフレームは衝撃吸収に優れており、万一の事故の際に衝撃を各部に分散し乗員を保護します。 つまり、フロントインサイドパネルのみの修正、ラジエターコアサポートのみの修正といっても 他の部位に何らかの影響を与えているのです。

修復歴有の車は真っ直ぐ走らないこともあります
低速では違和感がなくても、ある一定速度以上でハンドルが 左右どちらかにとられたりします。事故による歪みが完全にはなくならず パーツ同士が干渉しカーブなどで異音が生じるケースもあります。

また、何より怖いのがキレイに修理された見た目です。 問題は中身です!!
一度衝撃吸収に使われたものを伸ばしたり叩いたりして修理しても
次の衝撃には耐えられないこともあるのです。

この様に、修復車には色々な不具合がでてくる場合があり、出来る限り手を出さない方が良いと 言えますが反面、格安であるというメリットもあります。 修復の度合いが軽微なもので走行上支障がないと、信頼できる販売店や営業マンからしっかりとした 説明があれば問題ないとも言えます。


~修復歴を見分ける簡単なポイント~


エンジンルームでは各部分のナット、ネジ山を確認しましょう再塗装されたナットやネジ、山が欠けたものがあった場合にはその部分を取り外している証拠です。 また、ボンネットとフェンダーの隙間が左右均一かどうか見てみましょう。 左右どちらかが広かったり狭かったりした場合には歪んでいる可能性があります。

フレームを修正する際にはクランプという器具を使用します。 車をジャッキアップする際にジャッキをかける場所付近を挟んで修正しますので BCGのようなクランプ跡が残ります。クランプ跡はツブツブのドット状のものが多いですが、 とにかく変な模様があったら疑いましょう

ドアの修理歴やボンネットの修理歴を確認するにはシーラーと呼ばれる部分を確認しましょう。
シーラーとは鉄板と鉄板を繋ぎ合わせている部分で通常はキレイですが、一度剥がされたものは ボコボコした形やシーラーがない場合などがあります。正常な同型車と見比べることが大切です。

その他、ピラー修正を見つけるにはゴム枠を外して見る、トランクフロアの修正はカーペットを 剥がして確認する方法などがあります。


水没車は避けましょう

新年、ゲリラ豪雨などによる浸水被害が目立ちます。
車は水に浸かるとエンジンがかからなくなります。
場合によってはショートし、火災や発煙の恐れもあり非常に危険です。
修理するにも多額な費用が必要で、それにお金をかけるなら別の車を探す方が得策と考えられ 水没車は廃車になることが多いようです。

しかし、エンジンの乗せ換えやクリーニングを施して再販される車もあります。
しっかり修理された車でも断線やショートなどによる車両火災の不安は残ります
また、ヘッドライト内部に曇りが生じたり、車内ではカビの発生や悪臭の原因にもなります。


~水没車を見分ける簡単なポイント~

エンジンルームでは内部をよく覗き込み、枯れ葉や泥が残っていないか確認しましょう。
ヘドロのような汚れが目立つ車は疑いましょう。
室内では臭いはもちろんですが、シートを後まで下げてシートレールを確認し錆や泥がないか確認しましょう。
シートレールが錆びている車は疑いましょう


不具合のある車は避けましょう

中古車を購入する前にエンジンの状態やミッションの状態、外装、下回りの錆具合など
出来る限り多くのチェックを行い不具合のない車を選びましょう。

エンジンでは、かかり具合はもちろんですがエンジンの吹け具合を確認し、回転の上げ下げがスムーズか確認しましょう。 こちらは、ある程度エンジンの温度が上がったのを確認してから行うことが大切です。
エンジンが冷え切った状態で行うとエンジンへの負担が大きくなるので注意が必要です。
また、アイドリング時の回転の安定や異音も確認しましょう。 しばらくエンジンをかけていない車の場合、始動直後は白煙もありますが通常はすぐに収まります。 収まらずモクモクと出ている場合にはオイルが燃焼していますので不具合を疑いましょう。

ミッションでは、マニュアル車の場合ギアの入り具合やクラッチの状態が確認できます。
問題は主流のオートマチック車、CVT車です。 オートマチック車、CVT車ともにDレンジに入れた際にショック無くタイムラグ無く入るかどうかを確認しましょう。 また、その際に異音もないか確認しましょう。
ミッションの確認には試乗が一番効果的です。 スムーズに走るかどうか、またエンジンの状態も確認できます。 試乗させてくれるお店なら安心です。
公道に出られなくても敷地内で動かすくらいは可能なはずですので 必ず確認することをおススメします。


走行距離

中古車を購入する際のポイントの一つに走行距離があります。 一般的に走行距離が少ない車ほど人気です。 しかし、走行距離が多すぎても少なすぎても故障のリスクがあります。

妥当な走行距離は年間8000kmから12000km(月1000km)を目安にしましょう。
つまり、年間1万キロと考えると、10年で10万キロになります。 10年前の車で10万キロ走行は当たり前で、通常のコンディションを保っている可能性が 高いと考えてよいでしょう。

走行距離が多い場合には各部品の消耗品がヘタッてしまい交換サイクルが早まることはよく言われますが 走行距離が少ない場合のトラブルはあまり知られていません。
走行距離が少ない場合には、今まで月に数日しか使用されていない場合もあります。 あまり走らなかった車が急に多く走り出すと、固まったゴム部品の劣化を早めたり、エンジンのレスポンスが 悪く吹け上がりがよくないケースもあります。 パッキンの劣化からオイル漏れなどを引き起こす恐れもありますので
走行距離が少なくても 週に数回は動いている車だったかどうかも知りたい情報になります。

10万キロ以上走行しても現代の車は問題ない車ばかりです。
注意が必要なのは10年10万キロ(国産車)で交換が必要なタイミングベルトです。 チェーン駆動の場合には交換は不要です。また、ブレーキディスクもかなり薄くなってきますので ディスクとパットのセットで交換することをおススメします。 また、各ゴム製ブッシュ類も交換可能な部品は交換しておくと安心です。

乗りっぱなし、放置、消耗品の交換を全く説明しない販売店は避けましょう


車体価格と乗り出し価格

中古車を購入するにあたり最も分かりづらいのが、車の車体価格と総額金額(乗り出し価格)の違いです。
中古車の表示価格には車両の価格のみを表示する車体価格と乗り出しまでの総額を表示した総支払い価格があります。

通常、総支払い価格には乗り出しまでにかかる登録代、整備代、保証代などが含まれています。
それらを一般に的に諸費用といいます。 消費税や自動車税などの法律で定められた費用はどこの販売店でも同じですが その他の諸費用に関しては販売店によって様々です。 販売店によっては、車体価格が50万円でも総支払い価格は100万円なんてこともあります。
まず、販売店を選ぶにあたっては総支払い価格を参考にするとよいでしょう。


【株式会社レイズ】では車体価格に登録料、保証整備料のみのお支払いを頂いております。
全てのお車が総支払い価格での表示となっております。
基本的にどのお車でも1年1万キロの保証がついています。

保証内容の詳細に関してはコチラをご覧ください。

また、車体価格のみのお支払いでもご購入頂けます。


当店では遠方のお客様の中古車ご購入も大歓迎です!!しっかりとサポートいたします。
日本全国への納車が可能です。沖縄の離島から北海道まで販売・納車の実績があります。
陸送納車の費用に関しましてはお気軽にお問合せ下さい。(出張名義変更費用が別途かかります)



カプチーノ、AZ−1、ビートなど中古軽自動車のメンテナス、車検、査定、カスタム、板金修理、高価買取など
埼玉県加須市の【レイズ】にお任せ!