TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

中古車購入時の流れ


中古車の購入は中古車販売店の対応にもよりますが、ある程度の全体像とポイントを掴んでいなければ なかなかスムーズには行えないものです。 こちらでは中古車を購入する際の全体的な手続きの流れと、購入に手間取らないために抑えておきたいポイントを紹介いたします。

情報収集と予算の決定

中古車の情報収集 実際に中古車を選び始める前に、中古車にいくらまでのお金が使えるのかを決め情報収集を行います。 中古車の価格は非常に幅広いため、先に予算を決めておかなければ選択肢が多くなりすぎてしまいます。 また、予算を先に決めておけば中古車販売店にその予算を伝えて条件に合った車を見つけてもらうことや 値引き交渉も可能になります。情報収集はおおまかな予算を決めるためにも役立ちます。
特に有用なのがインターネットによる情報収集です。 その他では、情報誌や口コミなどで中古車に関する情報を集めておくのも有効です。

駐車場の確保

駐車場の確保

車を購入したときに駐車場がなければ不法駐車になってしまいますので、できるだけ早めに確保しておきましょう。
私有地がある場合でも、車を停めるスペースがない場合には近隣に駐車場を見つけておく必要があります。
共同住宅にお住いの場合は、管理会社か土地の権利者に駐車場を確保できるか問い合わせておきましょう。

中古車販売店を訪問

情報収集と予算決めである程度、希望の車種が固まってきたら次は販売店を選びます。
中古車販売店にも様々な販売方法を行うところがありますので、ニーズに合わせてどの中古車販売店が 良いか見当をつけましょう。 2〜3店舗に絞れてきたら、実際に訪問し実車を確認します。 同じ車種でも価格やコンディション、納車の仕方なども異なりますのでいきなり1店舗に絞らず 何件かの中古車販売店を比較検討することをおススメします。

見積もりをだしてもらう

欲しい車種が決まったら、それぞれの中古車販売店で支払総額がいくら程度になるのか見積もりをだしてもらいましょう。 一般的には車両本体価格の他に、税金などの諸費用で15%〜30%ほどが上乗せされるといわれています。 また、この時に価格交渉も行っておくと良いでしょう。 時期や交渉の仕方次第では、提示された金額よりも低い価格で購入できる可能性があります。 ほぼ契約が決まりそうな時点で前金が必要になる場合もありますので、販売価格の1割程度は準備しておきましょう。

レイズでは全ての車で乗り出し総額を表示しています!
※遠方のお客様は別途出張費用がかかることもありますのでお問い合わせ下さい

契約の手続き

中古車の契約
購入の意思が固まったら、正式な契約の手続きに入ります。
この時には、普通車の場合には実印と印鑑証明
軽自動車の場合には住民票が必要になりますので できれば事前に準備をしておきましょう。
また、契約前に傷などの補修を約束してもらった場合には必ず
契約書にその旨を書いてもらうようにしましょう。

普通車の場合


実印 不動産や車などを購入する際に 必要となる印鑑のことです。契約前にお住いの市町村役場であらかじめ『実印登録』しておく必要があります。 ゴム印など変形しやすいハンコ以外なら、たいてい登録できます。

印鑑証明 実印が確かに登録されたものであると 市町村が証明する証書。車購入時には発行から3ヶ月以内のものが必要となる。 (下取り車がある場合には2枚必要となります)

委任状 車の登録に関する業務は 手続きが複雑なので、通常は販売店に代行してもらうことが多いです。 その際に『登録に関する手続きを第三者(ここでは販売店)に委任する意思』を示すための書類が委任状となります。 書類自体は販売店が用意してくれますので、契約時に署名と実印の押印をします。

車庫証明書 車の保管場所(駐車場)を管轄する警察署に申請して、警察による確認の後に交付されるものです。 必要になる書類は車を自宅に置くか賃貸の駐車場に置くかでも異なります。 ほとんどの販売店で申請などの手続きを代行してくれますが、賃貸駐車場の場合にはその駐車場を 管理する不動産会社の署名と押印が必要となり、その作業はたいてい購入者ご自身で行うことになるでしょう。

軽自動車の場合


住民票 住民票の取得は、印鑑証明書と同じく市区町村の役所窓口で発行できます。その際、本人確認のため身分証明書を提示する必要があります。 発行から3ヶ月以内のものが必要となります。

印鑑(認印でも可) シャチハタ・三文判は認印として認めていない自治体が あるため、販売店に事前に確認が必要です

委任状 車の登録に関する業務は 手続きが複雑なので、通常は販売店に代行してもらうことが多いです。 その際に『登録に関する手続きを第三者(ここでは販売店)に委任する意思』を示すための書類が委任状となります。 書類自体は販売店が用意してくれますので、契約時に署名と実印の押印をします。

車庫証明を自分で用意する場合


◇必要書類を駐車場のあるエリアを担当する警察署にもらいに行く

(1)まず4枚複写の用紙は剥がさず、折らずに必要事項を記入して下さい。見本も添付されていますので よく確認しましょう。注意すべき部分は車名の欄です、ここにはメーカー名を記入します車名といっても モデル名を入れてはいけません。また、車体型式と番号を記入する欄もありますので購入した販売店に 事前に確認しておき正しく記入しましょう。

(2)自宅内に駐車場がある場合は自認書に住所を記入し、印鑑を押します。賃貸契約をしている場合には その駐車場の持ち主か管理者に自分が契約していることを証明する必要がありますので、保管場所使用承諾書を記入します。 駐車場の持ち主もしくは管理者には、この書類に駐車場の場所と契約しているスペースの番号を 記入してもらい署名と捺印をお願いしましょう。

(3)最後に保管場所の所在図および配置図を描きます。自宅と駐車場までの距離を誰が見ても 分かるように描き、どのような駐車場のどこの場所に車を保管するかを図式化して記入します。 自宅から駐車場までの道が複雑で描くのが難しい場合には地図のコピーを添付しても構いません。

◇書き上がった書類を申請費用と一緒に提出する

申請は書類をもらった警察署の窓口に必要書類を提出し、申請手数料(2,000円程度)は支払うだけです。 この際、申請する人を証明するため住民票の写しか郵便物(消印があるものに限る)や公共料金の領収書など 住所と本人が確認できるものを用意して申請に行きましょう。 受付が済むと交付日を教えてくれるので、その日に取りに行きます。 交付までは1週間程度をみておきましょう。

◇書類を提出した警察署に取りに行く

交付日は印鑑(三文判で可)と標章代(500円程度)を持参します。 証明書類は自動車の登録をし、ナンバーを出してもらう時に必要なので大切に保管しておきましょう。

代金の支払い

代金の支払い
正式な契約が済んだら代金の支払いとなります。

その場で全額現金で支払うか、支払い期日までに指定口座に振り込みます。 銀行などでローンを組んだ場合は、ローンのためのお金が口座に振り込まれますので それを確認してから中古車販売店への振り込みを行います。

レイズでは月によってローンの低金利キャンペーンを行っております!!ご確認ください!

任意保険への加入

納車の前に任意保険(自動車保険)に加入しておきましょう。 中古車販売店が保険の代理店となっている場合もありますが、自分で保険会社を探して加入することもできます。
どちらを選択するのが安心でお得なのか比較検討して加入しましょう。

レイズではあいおいニッセイ同和損保三井住友海上の自動車保険を取り扱っております

納車

納車

近くの中古車販売店であれば、指定された日に車を受け取りに行きましょう。
ほとんどの場合、事前に販売店から連絡が入ります。自宅まで届けてもらう場合には、別途代行費用がかかることを 念頭に入れておいてください。 納車の際には車検証を確認し、使用者の欄が自分の名前になっているか(全額を販売店に納めていれば所有者欄も) 確認しましょう。 また、納車時も再度自分の目で車のチェックを行い、運転する前に任意保険にきちんと加入できているか どうかも確認しましょう。

レイズでは遠方のお客様も大歓迎!!
まずは電話やメールなどでご連絡下さい。お車の状態など、メールでの写真などでご納得いけるまで ご確認いただけます。購入が決まりましたら郵送やFAX、メールでご契約書をお送りいたしますのでご返送ください。 必要書類をご準備いただき、振り込みをいただけますと納車準備に入らせていただきます。 全て完了しますと陸送により全国納車いたします!!

軽自動車の出張名義変更は20,000円にて承ります。
陸送代、普通車の出張名義変更、出張車庫証明は地域により金額が変わりますのでお問い合わせ下さい。


カプチーノ、AZ−1など中古自動車のメンテナス、車検、査定、カスタム、板金修理、高価買取などは
埼玉県加須市の【株式会社レイズ】にお任せ!