TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

根強い人気のジムニー

ジムニーはスズキ自動車が発売している本格的なクロスカントリー車(オフロード車)です。
強固な車体や極限状態でも信頼性の高いメカニズムと、小型軽量な車体の両立は、日本の狭くて急峻な林道は勿論のこと、 世界レベルでも他に比肩するもののない、非常に高い悪路走破性を持っています。

ジムニーは海外へ輸出、あるいは海外でも生産されていますが、
仕向地によってはサムライという名前で販売されています、 そのタフさや機動性の高さは、まさに戦国時代に野山を縦横に駆けた野武士たちを体現したものだと言えます。

さいたま加須市レイズのシルバージムニー

ジムニーの特徴

ジムニーの特徴は下記のようにあります。


・強固なラダーフレーム

まずジムニーの特徴として見逃せないのは、伝統のラダーフレームです。
一般的なモノコックの車体を持つ自動車の場合、車体にかかる応力は車体全体が受け持ちますが、
ラダーフレームでは梯子状のフレームが受け持ち、上屋根の部分には負荷がかからない構造で
オフロードでの酷使に最適な設計となっています。

例えば横転してボディを大きく凹ませた場合、一般的なモノコックの自動車では
車体強度に大きな影響が及び、最悪の場合は廃車にせざるを得ません。
ジムニーは強固なラダーフレームに影響が出ていなければ(実際に滅多に影響が出ることはありません)
大きく凹んだままでも普通に走行することが出来ますし
ボディパネルの一部を交換したりすることで、横転前と同じ状態にリセットすることも出来るのです。
もちろん横転する様な極限状態でのオフロード走行を行わずとも、ジムニーの車体の丈夫さは日常使いでも大きなメリットとなります。
錆にさえ気をつければ、長く乗ることが出来るでしょう。


・リジットサス


次にジムニーの特徴として挙げたいのが、リジットアクスルサスペンションです。
最近の多くの自動車は、左右のサスペンションが独立して動くようになっているのですが
ジムニーではあえて左右の車輪が車軸で直結した構造である
リジットアクスルサスペンションが選ばれています。
このようなリジットアクスルサスペンションは左の車輪が凸凹を超えれば右の車輪にも影響が出るなど、乗り心地の面では非常に不利です。
またバネ下重量も重くなるので、これも乗り心地に悪影響を及ぼします。

例えば高速道路の路面のうねりなどでは、大の苦手科目です。
一方でリジットアクスルサスペンションは、ストロークの量を非常に大きく取ることが出来ます。
ですからクロスカントリー走行や、特にモーグル地形を超えていく場合、この構造は必須となります。
ジムニーがオフロード走行を最優先しているということが分かります。
とはいえ販売中のジムニーは、スプリングをJA11以前のリーフスプリング(板バネ)から、乗用車では一般的なコイルスプリングに改められており、舗装路での乗り心地にも配慮されています。


・パートタイム4WD


殆どの4輪駆動車はフルタイム4WDが採用されています。
これは常に4輪に動力を伝達して、不整路や雪道に留まらず、雨の市街地でも、晴れの高速道路でも、安定した走行を実現するための装備です。
このようなフルタイム4WDは、状況に応じて各車輪に動力を分配するための機構が付いているのが特徴です。
一方でジムニーが採用しているのは、フルタイム4WD以前に主流だったパートタイム4WDです。
これは通常時は後輪駆動車として走行して、必要になった場合はスイッチで4WDに切り替えるというものです。
この4WD走行時、前後輪の間は直結されるので、動力は前輪5割、後輪5割で固定されます。
動力の分配機構は持たないので、原則として舗装路などで4WDを使うことは出来ません。
前後輪の回転の差分を吸収出来ないので、ハンドルを大きく切ると動けなくなる、タイトコーナーブレーキング現象が起こってしまうのです。

このようなデメリットを承知でジムニーがパートタイム4WDを継続しているのは、何よりもオフロード走行を重視しているからです。
フルタイム4WDの動力分配機構は、不整路で車輪が1輪だけ浮いた場合、この浮いてしまった車輪に負荷がかかっていないことから
動力が優先的に分配されてしまい、浮いている1輪だけが空転して残りは動かないという状況を招きます。
ジムニーの場合、例えば前の右タイヤが浮いたとしても、後輪へ伝わる動力は変わらないので、後ろから押し出して前に進むことが出来るというわけです。
但しジムニーは、基本的に全ての自動車に備わる左右の車輪の回転差を吸収するためのデフギアの、機能を停止する装備は付いていません。
従って、右前輪と左後輪といった感じで対角線に車輪が浮いてしまうと、浮いた車輪だけが空転して前に進めなくなる場合があります。

リジッドサスの恩恵でこんな状況になるのは稀ですが、このような状況のために
空転を抑えて設置している車輪に動力が伝わるようにするLSDを追加するオーナーもいます。


・副変速機


ジムニーには副変速機が搭載されています。
スイッチを切り替えることで、ジムニーのファイナルギア比は1.320から2.643になります。
イメージとしては、同じエンジン回転数で走ったとき、副変速機をロー側にしておくと
ジムニーの速度は半分に、代わりに伝わる力は2倍になるといった感じです。

この副変速機のおかげで、ジムニーは980kgの車体に64馬力のエンジンという一見非力そうな構成ながら、
驚くべき力を発揮するのです。

燃費性能

ジムニーの整備はさいたま加須市のレイズへお任せ!

オフロードを優先してきたジムニーなので、燃費性能は最新の軽自動車や小型乗用車と比べると犠牲になっています。
軽モデルの場合、実燃費はオーナーのブログやSNSなどでは
12〜13km/Lという報告が多いようです。
これは決して良い数値ではありませんが、 カタログ燃費はMT車で14.8km/L、AT車で13.6km/Lなので、カタログ燃費と実燃費との差異はそれほど大きくありません。
最新エコカーのような、カタログ燃費の70%走ればいいほうだということはないので、これは安心できる要素です。とはいえ市街地でしか乗らないならば、ジムニーは実燃費の悪さばかりが目立ってしまうことになります。
また、ジムニーの実燃費は走り方によって大きく変わります。特に苦手科目は高速走行で、空気抵抗の大きな決して軽くない車体、 高速走行に必ずしも最適化されていないギア比は、いずれも燃費の面で著しく不利になります。
従って高速をハイペースで飛ばした場合、ジムニーの燃費は特に軽モデルの場合、10km/Lを下回ってしまうことも珍しくありません。

とはいえ、一昔前の軽自動車の規制速度の80km/L程度で控えめに走れば、ジムニーの燃費は大分改善します。 長距離移動の場合は、追い越し車線の利用は最低限に留め、大型車などをペースメーカーに走れば、意外と経済的な移動が出来るかもしれません。

クロカン車ジムニーの難しい整備もさいたま加須市レイズへお任せ! どんなお車の整備、メンテナンスもさいたま加須市レイズにお任せください

ジムニーの欠点

・乗り心地が悪い

頑丈さを特化させるために乗り心地はほぼ無視してあります。
人を乗せて走るのが申し訳ないほどに揺れます(笑)


・購入費用は若干高め


販売価格は軽の中では高めです。ただし値段にはそれ相応の 理由があるという点だけ留意して頂ければ。 人気車ですしね。


・高速道路はムリ


最近の軽自動車は優秀で、100km/hくらいまではそれなりにスムーズに出ます。 でもジムニーは80km/hくらいからエンジンが唸りだします。 一昔前の3速ATの軽自動車のように騒がしいです。


・静寂性は期待しないで


防音性能は高くありません。


・狭い


一応4人乗りですが、ほぼ2人乗りと思った方が無難です。
後部座席を倒せばそこそこ物は積めますが、それでも狭い部類です。 ルーフキャリアが積める点が利点ではありますが。


・転がる


乗っていた方の話を聞くと 「よく転がる」とのお話。つまり横転しやすいって話らしいです。 車高が高いからでしょうかね。 でも無茶な運転さえしなければ何も問題ありません。


・重い


構造上しかたないんですが、一般的な軽自動車に比べると ジムニーは200kgほど重いつくりになっています。



というわけで、列挙してみると欠点だらけのような感じもしますが それをもってしてもジムニーは「楽しい」の一言に尽きます。
スタイルもよく、ウケもいい。

一人で乗り回すにはうってつけの一台です!!

ジムニーの整備、点検ならレイズへ
どんな要望にもお応えいたします。
お電話はフリーコール 0066-9704-7615

ジムニーのカスタマイズ、レストア、メンテナンス

なんでもレイズへ

違法改造してあるお車もメンテナンスいたします!
細かいチューニングも現車合わせのセットアップもお任せ!
お気軽にお問い合わせください。





レイズでの作業工賃一覧レイズでの車検案内価格表レイズでは全国販売納車可能

レイズでは全国高価買取可能レイズでの保障と安心パック


中古車の販売・買い取りはどんな車種でもレイズにお任せ!!