TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

ジムニーの口コミや評価をまとめてご紹介

各レビューサイトでは、ジムニーの走行性能や無骨な外観が好評で 走っていて楽しいクルマという評価が多く見られました。 室内空間の広さに関しては厳しい評価もありますが、1〜2人で乗る分には 問題ないという意見も見られます。

レイズでもスズキ ジムニーは幅広い年齢層、そして性別問わず とても人気の車種となっています!

さいたま加須市レイズの3代目ジムニー

ジムニーの外装・スタイルについて

・とにかくデザインが最高!
・遠くから見てもジムニーだとわかる可愛らしさは悪くないと思っています。
・ボンネットの左端にある小さなミラー以外は好きです。
・形からしてごついので、アウトドア向きかと最初から感じますが、 乗った感じも本当にアウトドアに適しています。 どんなに砂利道でもまったくびくともしない。 振動が普通の車に比べてはるかにないので、快適にキャンプに行けました。
・余計なラインが多く、もっとシンプルでもいいと思います。 シルエットは可愛くもありカッコよくもあり好きです。
・パーツ交換や悪路走破性能などの個性を楽しめる人に是非お勧めしたい。 足回りなどパーツを交換するとノーマルにはとても戻れないほど、乗り心地や 安全性など全てにおいて純正を上回る優秀な社外品が多い。
・カッコイイ!町を走っているリフトアップ車を見るとカッコイイです。

ごついアウトドア向きな外装、悪路走破性能の高い機能的なデザインがかっこいい。 かっこいい中にも可愛らしさのあるデザイン。社外品で性能、見た目の良さがアップ!!


ジムニーの室内・収納について

さいたま加須市レイズ ジムニー室内
・車内が狭いので、家族での遠出には向かないかもしれません。
・最低地上高やアングルの高さがピカイチです。シートやハンドル廻りもそこそこ良い感じです。
・残念なのはエンジンのうるささです。80km/hまでならそれほどではないですが、 高速道を多用する方は音楽はフルボリュームとなります。
・室内が狭いので、大人2人か子供がいても小さいころまでかな?
・他の方で見ましたが、グローブボックスの蓋はまっすぐにならないし、エアコン口の両面テープは 簡単に外れたり。私のもそうですので、個体差ではないのでしょう。でも、いいんです。 それがどうした、って感じがジムニー。シンプルイズベスト。潔ささえ感じます。
・近い距離の通勤でもリッター10kmは超えてくれます(MT)。 身長180cmでも余り狭いとは感じませんでした。 狭い道でも雪でも悪路でも、躊躇せず走れます。
・ドライバーとナビしか考えていない座席なので家族で乗る車ではない。
・収納が少ないのと、後部座席を倒しても座席が斜めになるだけなので荷物をのせるのに不便がある。

見た目がコテコテし過ぎている。給油口の位置が低くてしゃがまないと給油できない。


” ジムニーはアウトドアに行くためのクルマです。しかし車内がとても狭いのです。 ドアも2ドアタイプしかありません。たくさんの荷物が積めない上に、荷物の出し入れがとても面倒です。 4人が乗車した場合、それぞれの手荷物は自分の膝の上にのせるしかありません。
後部座席の背もたれは、多少のクッションが入っていますが、ほとんど板です。 後に長時間座ることは苦痛以外の何物でもありません。


ジムニーの走行性能・乗り心地について

クロカン車ジムニーの難しい整備もさいたま加須市レイズへお任せ!
どんなお車の整備、メンテナンスもさいたま加須市レイズにお任せください
・どこでも行けちゃう感じがイイ!
・走行性能に関しては、やはり悪路での走破性はとても頼りになります。 また、視界の高さや小回りがきくので運転しやすいと思います。
・普通自動車のRV車に比較して、悪路走破性が高い点と車幅が狭いので渓流釣りや 山菜取りの際に林道を走行するに便利な点。
・車高がやや高いので雪道を走る時なんかは、左右の確認がし易く、悪路にも強いのでいいかと。
・風に弱くてふら付きます。高速とか走るときついかもしれません。
・ターボが効いていない回転域はトルクも薄いですが、ターボが効き始めると 中々パワフルな力を発揮してくれます。視点が高いのも相まって思ったよりスピードが出てることがあります。
・まさに行けない場所はないんじゃないか?というくらい悪路走破性が優れています。 今年の豪雪でタイヤが3分の2ほど埋まる積雪の中を走り回っていましたが、 デフロック機構や4WD-Lモードを活用すれば目的地に必ず辿り着けました。
・林道、クロカン向けに特化していますので、用途に合えば最高の相棒に。
・「狭い、燃費悪い、高い」の三重苦のジムニーですが、今年みたいに雪が降ると「ジムニーの独壇場」です。
・ジムニーですから乗り心地なんて語る必要ないですよね。快適ではないですよね。
・最高地上高とショートホイールベースのおかげで、雪道の大きなギャップも 難なく超えていきます。ABSは甘い印象です。
・乗り心地は結構硬いです。シートベルトをしていないと、シートの上で軽く尻が浮くシーンがある。
・オンロードでも十分スポーティーです。2WDのMTとなるので走行感はとてもいいです。 高い視点と相まって走らせている感があります。
・ノーマル車に対して普通に乗り心地や走行性能を期待している人にはお勧めできない。 ただし、悪路走破性はノーマルでも抜群に高い。

抜群の悪路走破性能!タイヤの3分の2が埋まる大雪の日でも、頼りになる走破性。 車高が高く車幅が狭いので、林道を走る時も便利。視界が高く小回りがきくので運転しやすい。 乗り心地は硬く、室内は狭く、高速道路では横風に煽られ易いですが それらを許容できる悪路の走破性能がジムニーの魅力でしょう。


” ジムニー最大の長所であるラダーフレームはジムニーの最悪の短所でもあります。 そのため、現代ではラダーフレームはほぼ完全に廃れてしまいました。 なにがダメかというと、振動が大きく乗り心地がとても悪いのです。 ラダーフレームは車体がしなるので、悪路を走るのには適していますが、 舗装道路でもしなってしまい快適な走行にはなりません。 『ジムニーの助手席は酔う』と訴える人はたくさんいます。 ちなみに、現代のクルマの車体の主流はモノコックボディといいます。 タイヤを取り付ける部分とボディが一体化しているタイプです。 モノコックボディは車体を軽くできるので、低燃費にも貢献します。




ジムニーの燃費について

ジムニー ランドベンチャーの外装
・構造上仕方ないと思いますが、燃費はあまり良くありません。
・計算したことはないのですが、10kmほどですかね。
・構造がタフなので仕方ない部分でもあるが、排気量の割に車重が重く燃費があまりよくない。
・10km/L。重量級軽ターボなので仕方ありません。
・名神、中央道250kほぼ上りで17.2k、一般道スタッドレス装着でチョイ乗りばかりで12.6kこれ位走ればよし。
・満タン法、一般道通勤使用、4WD選択で冬は8.5〜9.5km。 夏は街乗り&通勤使用のみで9〜10km/L(二駆)です。
・燃費は通年で10〜11km/Lで概ね満足ですが、タンク容量がもう少しあると給油頻度が少なく済むので改良に期待です。
・街乗り夏場11k/L、冬場は8k/L(四駆でエンジンスターター使用)。
・最高20km/Lまでいったこともあったり、田舎道では割と燃費がいい。
・下手するとMTの半分以下になるATの燃費。

悪路をガンガン走破できるタフな構造上、車重が重くターボも相まって燃費は悪いほうです。 街乗りで8-10キロ、高速では15キロ以上も。平均で10キロとなっています。


” ジムニーの燃費はかなり悪いです。確かにジムニーは全グレードでターボを積んでいます。 ターボは燃費に悪いのですが、それでも現在の軽自動車とは思えない数字です。 同じスズキの軽自動車、ハスラーの燃費は32.0km/Lもあります。 なぜこんなに差が出ているのかというと、スズキはジムニーを改良するつもりがないからです。 ハスラーのエンジンをジムニーに積めばいいだけでは?と思うのですが、スズキはそれをしないのです。 形の異なるエンジンを積むには、いろいろな部品を変更しなければならないからです。 現行ジムニーが誕生したのは1998年です。以降、マイナーチェンジは行っていますが、 それでも20年近くフルモデルチェンジしないクルマなんて国産車では例がありません。 なぜか・・答えは簡単です。それでもジムニーは売れるからです。 ジムニーを愛するジムニストたちは、ジムニーに燃費性能を求めないのです。



ジムニーの価格・値引きについて

ジムニー
・3年半乗って、下取り(ディーラー)で111万越えでした。買取り店ならもっといけたかも。
・下取り価格を見れば決して高くはないと思います。
・いろいろ付けると簡単に200万を超える新車価格。
・高いです(下取りも高めだけど)。中古車市場でも秋口から冬季は高くなってますね。
・性能を考えると良心的な価格設定だと思います。

競合他車がいないので、ジムニーの新車値引きは渋め。新車価格は軽自動車としては高い部類ですが、 その分下取り相場は高くなっています。



ジムニーの世界

・ジムニストという存在
ジムニーをこよなく愛するオーナーのことを『ジムニスト』といいます。 ジムニストはお金がないから軽自動車のジムニーを選んだわけではありません。 ジムニーの世界観に魅かれて抜け出せなくなっているのです。

・4WD-Lという超能力
ジムニーの悪路での抜群の走りを可能にしているのは特殊な4WDシステムです。 ジムニーは通常は後輪駆動の2WDで走ります。悪路や雪道では、運転席のスイッチを押して4WDに切り替えます。 さらにもうひとつ、4WD-Lという機能があるのです。これはもう超能力としか表現しようがありません。 速度は出なくなるのですが、確実に走るようになるのです。 一見するとクルマで登るような坂とは思えない坂道をグイグイ登っていきます。 YouTubeで『ジムニー トラック 牽引』え検索してみて下さい。 ジムニーの走りを証明する伝説的な動画が流れます。なんと、突然の雪に襲われた都会の道路で 立ち往生してしまった大型トラックをジムニーが引っ張っているのです!

・競技車両としても大人気
こうした超能力を持つジムニーは、競技車両として引っ張りだこです。 人工的に作った悪路コースを走る競技は国内各所で開催され、専用の雑誌があるほどです。 さらに、もっとひどい道を走りたい人向けに、様々なパーツメーカーがスペシャル部品を販売しています。 ジムニーは最も高いグレードでも170万円を切るのですが、カスタムの費用に500万円をかける強者もいます。 自分好みのジムニーに変えることができることから、ジムニーは大人のプラモデルと言われています。


ジムニーの整備、点検ならレイズへ
どんな要望にもお応えいたします。
お電話はフリーコール 0066-9704-7615

ジムニーのカスタマイズ、レストア、メンテナンス
なんでもレイズへ

違法改造してあるお車もメンテナンスいたします!
細かいチューニングも現車合わせのセットアップもお任せ!
お気軽にお問い合わせください。





レイズでの作業工賃一覧レイズでの車検案内価格表レイズでは全国販売納車可能

レイズでは全国高価買取可能レイズでの保障と安心パック


中古車の販売・買い取りはどんな車種でもレイズにお任せ!!