TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

カプチーノを高く買い取ってもらうためのポイント

カプチーノ高額買取のキャッチフレーズ
連番 チェックポイント
1 売却タイミング
2 内装・外装
3 キズ、凹み
4 事故の有無
5 オプション(改造、ドレスアップ)

買取ポイント(1)売却タイミングについて

ズバリこれが正解!!

⇒新車販売が途絶えたクローズドのカプチーノ市場においては1日でも早く売却するのが吉です。

日々、車買取相場が変わる中古車。タイミングによって1ヶ月で20万円も下がってしまうケースも存在します。カプチーノも例に漏れず、大きな波が存在します。季節や地域によってクルマの需要も変わるため、車種によっては“売り時”のタイミングがある場合もあります。そして、中古車は基本的に初年度登録から新しい方が車査定相場が高くなります。

車買取相場は、需要と共有のバランスで日々車査定相場が下落するため、愛車を高く売りたい、査定額に納得しているのであれば、1日でも早く売却する方がお得です。

買取ポイント(2)内装・外装について

ズバリこれが正解!!

⇒掃除はしっかり!!ニオイまでチェックするのが◎

絶対的な流通量が少ないカプチーノ市場ではボディカラーにもよって買取金額は大きく変わります。人気のある色ほど査定金額が高くなります。外装のヘコミやキズ、汚れのほか、ランプやアンテナの破損なども買取の際にチェックされるポイントです。しかしながら、買取金額に反映されるとは限りませんので買取金額を引き上げるために修理費用を負担するのはオススメできません。まずは、ホコリや汚れをキレイにするところから始めましょう。

内装も査定時の重要なチェックポイントになります。

シートやフロアマットをはじめとする内装の汚れは、しっかりマイナスの対象となるので査定前にケアしましょう。また、臭いに関しては自分では気にならなくても他の人には気になるものです。
日頃から、換気や脱臭剤などで臭い対策を心がけましょう。

買取ポイント(3)キズ、凹みについて

ズバリこれが正解!!

⇒大きなキズはそのままで大丈夫!!

板金修理が必要な大きなキズやヘコミは、修理代の方が高くつく場合がありますのでオススメしません。また、せっかく直しても、そのコストは査定の金額に反映されない場合があります。

しかし、コンパウンドなどの市販の研磨剤で消える程度の小さなキズ、浅いキズや鍵穴付近の擦り傷程度なら、消しておいて決して損はありません。

買取ポイント(4) 事故の有無

ズバリこれが正解!!

⇒事故車の定義を確認し、正しく申告する。

車買取相場では、「事故車」は大幅に価値が下がります。事故歴があると、販売時にお客様に敬遠され、商品価値が低くなるからです。

それでは「事故車」とはどんなクルマのことでしょう。単純に事故を起こしたと思われがちですが、査定基準では、クルマの骨格などに欠陥が生じているもの、その箇所に対しての修理歴のあるクルマを、「事故車」と呼びます。したがって、多少こすってしまった程度では、「事故車」にはなりません。

買取ポイント(5) オプション(改造、ドレスアップ)

ズバリこれが正解!!

⇒メーカーオプションなら大幅UPもあり得る!

プラス査定になりやすいオプションとしては、自分では装着できないオプションです。自分でもディーラーでも取り付けができないメーカーオプションは代表的な例です。逆に、スタッドレスタイヤや行き過ぎたドレスアップなどはマイナスに見られる場合があるので注意しましょう。