TOPページ | 在庫情報 | 中古車購入の流れ | お車売却の流れ | アフターサービス(保証) | 車検案内 | 会社概要 | アクセスマップ | お問い合わせ

AZ-1特集

マツダ・AZ-1のメインビジュアル

AZ-1 名前の由来(オートザム)

当時のマツダのディーラー名「オートザム(AutoZam)」を略した「AZ」に、車体の大きさを表している数値「1」を組み合わせた造語

何故、中古AZ-1なのか

最後のモデルが発表されたのは1994年ですが、現在でもその魅力は衰えておらず、多くは中古車市場で100万円前後の価格で取引されています。ほとんどの方はガルウイングドアを備えているその見た目に惹かれて興味を抱きますが、最大の特徴はクイックなハンドリングと普通車顔負けの力強い走りです。戦績を記録するオーナーが出てくるほどスポーツカーとしての走行性能は優秀です。これほどの個性をもった車種ですが、販売台数はわずか5,000台のため、その希少性もこのクルマの価値を増幅させています。「もっともっと、人とひとつになれるクルマを」というのはマツダのキャッチフレーズですが、本当の人馬一体を味わうことができる数少ないクルマ、それがこのAZ-1です。

AZ-1を知る

マツダ オートザムAZ-1 1994年5月(平成6年5月) 発売モデル

マツダのミッドシップ軽スポーツ。定員は2名で660cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボを乗員の後ろ、ミッドシップに搭載。軽量化を考えたオールプラスチック製のアウターパネルとなる。この車種最大の特徴は垂直に上がるガルウイングドア。マツダの自動車工房M2によってボンネットの上にフォグを組みこんだ限定モデル「M2 1015」。4灯ボンネットで、ボディカラーは白、黒、シルバーの3つ。

マツダ オートザムAZ-1 1994年2月(平成6年2月) 発売モデル

マツダのミッドシップ軽スポーツ。定員は2名で660cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボを乗員の後ろ、ミッドシップに搭載。軽量化を考えたオールプラスチック製のアウターパネルとなる。この車種最大の特徴は垂直に上がるガルウイングドア。唯一無二といっても良いその姿は生産を終えた現在でも多くのドライバーを魅了している。

マツダ オートザムAZ-1 1992年10月(平成4年10月) 発売モデル

マツダのミッドシップ軽スポーツ。定員は2名で660cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボを乗員の後ろ、ミッドシップに搭載。軽量化を考えたオールプラスチック製のアウターパネルとなる。この車種最大の特徴は垂直に上がるガルウイングドア。バケットシート装着のタイトなドライビングポジションに5速マニュアルのみの設定、マニュアルエアコンを装備していること以外、実用性に乏しいモデル。