クルマの【サブスクリプション】とは?

2020/09/03 ブログ

もっと自由に、わかりやすく、新しいものを。

 

「モノ消費からコト消費へ」と言われるように、商品やサービスで得られる体験に価値を見出す人が増えています。

 

いよいよクルマもサブスクで乗る時代がやってきました。

 

最近では毎日のようにテレビで「サブスク」という言葉を耳にします。

一体どのようなものなのでしょうか?

 

今回のブログでは、サブスクリプションやカーリースのサービスについて、そもそもの言葉の意味から、特徴や料金などについてご紹介していきます。

サブスクってどんな意味?どんなもの?

 

サブスクリプションは一般的に「サブスク」と省略されます。

その意味はずばり「定額制」

 

月々定額料金を支払うことで、一定期間サービスができるというビジネスモデルです。

 

サブスク=定額制サービスは、音楽や映像といったジャンルから始まり、今やファッションや飲食、学習といった様々なジャンルに広がりをみせています。

クルマのサブスク、そのメリットは?

 

クルマにおいてもサブスクのサービスが多く提供されています。

クルマのサブスクを利用するメリットは、駐車場代とガソリン代以外のお金を一本化してくれる月額定額サービスであるということです。

 

クルマは好き。でも、まとまった頭金を用意するのは大変だし車検や故障で急な出費に振り回されるのはキビシイ…そんなユーザーの気持ちに応えてくれるのがクルマのサブスクです。

 

また、サブスクには任意保険やタイヤ保証料、ドライブレコーダーのオプションなどカーリースにはない各社独自のサービスも用意されています。

 

 

それぞれのサービスの特徴とは

 

 

----ローンの特徴とメリット、デメリット

 

・所有/利用 :所有

・選択可能車種 :新車、中古車/自由

・保険 :別途負担

・メリット :自分のものになるので、いつでも処分ができカスタマイズも自由。好きなだけ走行できる。

・デメリット :頭金が必要になる場合がある。故障のリスクや保険、税金や車検代などの支払いも自己管理が必要。

・料金 :毎月の支払いに加えて頭金が必要になる場合がある。保険や税金、車検代も都度の支払いが必要となる。

 

----サブスクの特徴とメリット、デメリット

 

・所有/利用 :基本的に利用

・選択可能車種 :新車、中古車/提示されたものから選択

・保険 :サービスによる

・メリット :頭金が必要ない。駐車場代やガソリン代以外の月々の支払いが一本化されるのでお金の管理がしやすい。比較的短期間の利用が可能。

・デメリット :支払い期間が終了しても、基本的にはクルマは自分のものにはならない。走行距離やクルマのコンディションを気にする必要がある。保険料やメンテナンス費用が含まれるため、月々の支払いはローンに比べて割高になる傾向がある。

・料金 :毎月一定額を支払い。駐車場代やガソリン代は別途必要。

 

----カーリースの特徴とメリット、デメリット

 

・所有/利用 :基本的に利用

・選択可能車種 :新車、中古車/基本的に自由

・保険 :サービスによる

・メリット :頭金が必要ない。駐車場代やガソリン代以外の月々の支払いが一本化されるので、お金の管理がしやすい。

・デメリット :支払い期間が終了しても、基本的にクルマは自分のものにはならない。利用が短期間だと支払いが高額になる。走行距離やクルマのコンディションを気にする必要がある。

・料金 :毎月一定額を支払い。駐車場代やガソリン代は別途必要。

 

----レンタカーの特徴とメリット、デメリット

 

・所有/利用 :利用

・選択可能車種 :中古車/提示されたものから選択

・保険 :別途負担

・メリット :維持費がかからない。利用目的や乗車人数に応じて車種を変えられる。

・デメリット :使いたい時に必ず利用可能とは限らない。利用するたびに店舗に足を運ぶ必要がある。長期間の利用には適さない。

・料金 :利用ごとに清算。ガソリン代や保険料は別途必要。

 

----カーシェアの特徴とメリット、デメリット

 

・所有/利用 :利用

・選択可能車種 :中古車/提示されたものから選択

・保険 :含まれる

・メリット :維持費がかからない。比較的安価で、輸入車やスポーツカーといった珍しいクルマに乗ることができる。

・デメリット :使いたい時に必ず利用できるとは限らない。利用するたびに店舗などへ足を運ぶ必要がある。長期間の利用に適さない。コンディションや清潔面で不安がある。

・料金 :利用ごとに清算。ガソリン代などは別途必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブスクとカーリースの違いについて

 

クルマのサブスクとカーリースには多くの共通点がありますが、それにはクルマのサブスクが誕生した経緯が関係しています。

 

同じようなサービスに思えますが、様々な違いもありますので確認していきましょう。

 

 

----サブスクとカーリースの共通点

サブスクとカーリースはサービスの内容が似ています。

「月々の支払いが定額」というところは共通しています。これは、サブスクがカーリースの仕組みを活用しているところからきています。言い換えれば、現代のユーザーニーズに合わせてカーリースのサービスを再構築したのがクルマのサブスクなのです。

 

そのため、音楽や映像のサブスクには「使い放題」をうたうものが多いですが、クルマのサブスクにはカーリースと同様に走行距離の制限を設定しているものがほとんどです。契約終了時に規定以上の走行距離であった場合には差額が発生します。

 

----サブスクとカーリースの違い

サブスクとカーリースは共通点が多いですが、その大きな違いはサブスクは短期間での乗り換えを可能にしているという点です。

サブスクのサービスによっては、最短で1ヶ月から数ヶ月ごとに違うクルマに乗るも可能であり、この自由度の高さがサブスクの大きな魅力と言えます。

 

一方のカーリースでは、中途解約すると一律で違約金や解約金が発生します。サブスクの場合には利用者の海外転勤や死亡などの条件を満たす場合には違約金や解約金が免除される場合があります。

 

ただし、サブスクにはそういったメリットがある一方で、カーリースに比べて選択できる車種が限られていて、新車のなかでも決められた車種から、または中古車の在庫から選ばなければならないといったデメリットもあります。

 

もうひとつ、クルマのサブスクで特有なのが契約期間を契約時に決めることです。

音楽などのサブスクではいつでも解約手続きをすることができますが、クルマのサブスクでは基本的には契約期間途中での解約やキャンセルはできません。

サブスクの最短利用期間はサービスによって異なりますので、サービスを選ぶ際にはきちんと確認をしましょう。

 

契約終了後は車両を返却することになりますが、サービスによっては再契約や購入も可能なものもあります。これはカーリースと同様になります。

 

----サブスクとカーリースの契約形態の違い

サブスクとカーリースでは契約形態にも違いがあります。

クルマのサブスクには業界に共通する定義がないため、支払額が月額均等であることをもって「サブスクリプション」と表現する場合もあります。つまり、月々定額制というだけでは従来のカーリースとサブスクを判別することはできません。言葉の意味としては正しくても、ユーザーがイメージするサブスクには、利用した期間だけ料金を払うもので、車両返却時に車両代金の清算が行われるものもあるからです。

 

その違いを明確にするのが契約形態の違いです。そもそもカーリースは、契約時に残存価格を設定してそれを割引いた金額を利用年数で割って月々の支払額を算定します。その際に、残存価格の責任を利用者とリース会社どちらが負担するかで契約形態が異なります。

 

「オープンエンド方式」はユーザー側に責任があり、もしも契約終了時の査定が残価より低い場合には差額をユーザーが負担します。

一方で残価をリース会社が負う「クローズエンド方式」であれば、通常の使用の範疇であればユーザーは市場価値を気にする必要がありません。

 

一般的には「クローズエンド方式」を採用しているサービスがサブスクと呼ばれています。

 

----サブスクとカーリースの保険の違い

保険については、一般的なカーリースが自賠責保険のみに加入しているのに対して、サブスクの多くが任意保険までワンパックになっています。

任意保険料は加入者の年齢などによって異なり、特に10代から20代は高額に設定されています。しかし、サブスクの場合には年齢によらず金額は一定となりますので若い世代には金額的にもメリットがあります。

ただし、車両保険の扱いや免責についてはサービスによって異なりますので、これも加入前によく検討すべき項目です。

 

サブスク、カーリースそれぞれにメリットとデメリットがありさらにサービスによっても内容に違いがあります。自分のライフスタイルに合ったサービスをきちんと見極めることが大切です。

 

 

 

最後に

 

クルマのサブスクが世間から大きく注目されるようになったきっかけは、トヨタ自動車が2019年2月からサービスを開始したKINTOの存在が大きいでしょう。

 

自動車産業は今、100年に1度と言われる変革期を迎えています。それは「コネクティッド・自動化・シェアリング・電動化」といったいわゆる「CASE領域」の技術革新がクルマとユーザーとの関係性を大きく変えてしまうと考えられているからです。

 

これまで所有がメインだったクルマとの付き合い方が、必要な時に利用するという形に変化するかもしない。

クルマのサブスクはそういった変化のなかで生まれたサービスのひとつです。

 

まだまだ、発展途上ではありますが自分の生活スタイルに合わせてクルマとの付き合い方を選択できる。

選択肢が増えることは、私たちユーザーにとって歓迎すべきことと言えそうです。

 

 

 

 

 

新車、中古車、販売、買取のレイズ

 

埼玉県加須市柏戸2057

営業時間 9:00~18:00

定休日 水曜・日曜・祝日

お問い合わせは

0280-61-2515まで

Mail:info@t-reiz.com

LINE:@ooh5998