新型ジムニー/シエラは街乗りとしてはどうなのか?

2020/02/03 ジムニーブログ

ジムニーの悪路走破性は周知の事実ですが、ジムニーを街乗り中心で利用する(利用したい)というユーザーも多くいるかと思います。

 

先代は外観も、初代や2代目よりも乗用車らしくなり、オンロード性能も重視されましたが日常使いに適した快適性までは持ち合わせていませんでした。SUV人気が高まるなかで登場した4代目ジムニーは悪路走破性だけではなく、日常使いでの快適性がどれだけ向上しているのかにも関心が集まりました。

新型ジムニーは、ジムニーの伝統を受け継ぎながら全面的に刷新された意欲作とも呼べるものでした。

ジムニーAT車

 

まず、室内空間ですが軽自動車とはいえ上下方向の寸法は十分にあります。左右寸法はそれなりの値になりますが、それほどの圧迫感は感じません。ただし、シートはやはり小ぶりになります。また、後席もあるけれど大人が長時間使用するのにはあまり最適ではないと思われます。俗にいうワンマイルシートですね・・

ドライバーの視点が高く、スクエアなボディということもあり視界は良好で狭い道にも臆することなく入っていけるのも大きな魅力です。

 

ターボエンジンは低回転域からトルクを稼ぐキャラクターになっており、街中の流れに悠々とついていくことができます。高速道路でも、時速80kmほどならそこまで苦にはならないでしょう。

ただし、遮音性に優れているというわけではないので、深くアクセルを踏み込むとエンジンの騒々しさが耳につく方もいるかと思います。

4速ATという今時珍しいほどギヤ数の少ないトランスミッションなので、高速での走行はやはり苦手分野と言えるかもしれません。延々と高速道路の追い越し車線を走ろうとなったらそれなりの覚悟が必要です。

ただし、高速道路での動力性能がいまいちなのはオフローダーであるジムニーにとっては当然のことかもしれませんね。

高速での走行性能を優先するのであれば、5速や6速のATを使うはずです。それではなく4速ATを採用したのは高速性能よりも悪路での耐久性を優先した結果でしょう。

 

「飛ばそうと思わなければ、高速道路もそれほどツラクない。」という評価が適当かと思います。

 

 

 

ジムニーMT車

 

子供の頃にお父さんの運転するクルマに乗った時の感覚を思い出しました。ギアを変えるときの車体の揺れ、変速ショック、大きな交差点を曲がる時の車体のロール、エンジン音・・

思えば、最近のクルマは五感を直接刺激するクルマが少なくなったのかもしれません。言い換えればどのクルマも押しなべて快適性が向上した、ということでしょうがジムニーの快適性が悪いという意味ではありません。

MTは当たり前ですが、運転している感がスゴイです。ドライバーの技量がそのままクルマに現れます。

乗り心地は本格オフローダーの外見に反してマイルドな印象です。ゴツゴツ、ガツンガツンしません。大きなタイヤを履いてホイールベースが短く、高い車高、オフロード走行に適した長いサスペンションストロークは良く揺れます。うねった路面、踏切ではそれをよく体感できると思います、カップのホットコーヒーのフタを外して飲んではいけません。笑

ただこれは、五感を刺激しなくなった21世紀のクルマの最大公約数に比較しての話です。先代ジムニーに比べると飛躍的に乗り心地は良くなり、街乗りも楽になりました。

ドライバーが路面状況の変化に注意を払い、適切な速度とハンドル操作をすれば快適性は担保されます。

特にMT車の場合には運転技術で快適性を創出することができるのです❕❕

ジムニーシエラ

 

オンロード性能を試すために公道に出ると、スズキが力を入れたという舗装路での快適性がすぐに実感できます。まず、先代に比べて乗り心地が圧倒的に良くなり、ステアリングなどのフィーリングも向上しています。

軽のジムニーでも不満はありませんが、市街地の走りはシエラが一歩リードといったところです。新開発の1.5リッターエンジンは従来型よりも排気量が大きく、パワーやトルクに余裕ができています。このため、エンジンの回転数が抑えられ、走行音も静かになっています。

サイズアップされたタイヤによってコーナーリングにも安定感があります。

 

排気量が小さい軽ジムニーのエンジンをフルに使いきる走りも魅力的ですが、街乗りの時間も長く、同乗者がいる場合が多い人にはシエラの方がおすすです。静粛性にはそれだけの差がでますし、悪路走破性もタイヤサイズと車幅が広くなるシエラの方が優れていると言えます。

まさにオールマイティジムニーと言える存在でしょう。


 

ジムニーはあくまで本格派のクロカン四駆であって、四駆性能こそが何よりのセリングポイントであるということは間違いない事実です。

新型がサイズアップしていないのも、プロフェッショナルの使い方を想定しているから。このサイズでないと行けない場所へ移動するためにジムニーを選ぶ林業のプロは世界中にいる。

チーフエンジニアである米澤氏も「そんなニーズを踏まえ、プロが認める性能を重視して開発した」と力を込める。

とはいえ、新型ジムニーはプロフェッショナルしか使えないクルマではない。

確かに、ほとんどの一般ユーザーにとって悪路走破まで想定した4WD性能を活かす機会は多くはないでしょう、しかし新型は乗用車としての快適性も追求しています。これは「仕事で使うプロたちに移動中の快適さを提供したい」という開発サイドの思いからだといいます。

 

スクエアでコンパクトなボディは車両感覚も掴みやすいですし、乗車位置も高いので見通しも良く、視認性にも優れています。自動ブレーキなどの先進安全運転支援機能をはじめとする新機能もたくさん盛り込まれています。もちろんリセールバリューにも期待ができます。そして、ユーザーが望めばプロツールとしてのホンモノの機能が行動範囲を広げ、新たな楽しみを教えてくれるでしょう。

 

新型ジムニーはオフロードに行かない街乗りユーザーにも十分おススメできると断言できるクルマです。

Gクラスやラングラーが街乗りユーザーに人気なように、ジムニー/シエラはスタイリッシュなコンパクトスペシャリティとしてもますますユーザー層を広げていきそうです。価格が安く無駄がないことも時代のムードに合っていると言えそうです。